2012年12月7日金曜日

多体衝突問題

VoiceBeadsChat
  こんなもの作ってみた。
 HTML5のcanvasを使っている。衝突判定を総当りで計算するのではなく、行き先ピクセルの色を判定に使っている。利点としては要素数の増加に対して計算負荷が線形に増加するということ。

 つぎはこれに引力を追加する。

ブロック崩しなんかも1日でできちゃう手ごたえ。

0 件のコメント:

コメントを投稿