2013年1月22日火曜日

エクセルのwebページとして保存で罫線とハイパーリンクを修正する省力化自動ツール

エクセルのwebページとして保存で罫線とハイパーリンクを修正する省力化自動ツール

excelのwebページとして保存で罫線が消えるでエクセルのWebページとして保存で作成されるhtmファイルをwebkit系ブラウザでも見れるようにする方法を書きました。

cssのborder太さを.5ptから1ptに置換するという作業と
エクセル内の別シートへのハイパーリンクを切る作業を複数ファイルで行うためにテキスト置換ツールを使用すると便利です。

例としてRepl-Ace on.NETというツールを使った方法を紹介します。
ググってダウンロードしてexeファイルを開きます。
すると下のようなダイアログが開きます。

STEP1
編集したいhtmファイルが保存されているディレクトリを指定します。
「サブフォルダも含める」をチェックすれば指定したら下層のフォルダからもファイルを拾ってきてくれます。

STEP2
編集対象のファイルにチェックを入れます。
book全体をhtmファイル化した場合はcssファイルを、ページ単体をhtmファイル化した場合はhtmファイルが編集するファイルです。
ちなみにこのSTEPの便利機能でバックアップがあります。編集前に自動でバックアップを取ってくれるます。
右上の他の機能から、バックアップを戻すをクリックすると、置換処理をする前のファイルに戻してくれます。

STEP3
テキスト置換の条件を入力します。
・罫線をwebkit系ブラウザでも見れるように修正する
 検索文字列は  :.5pt
  置換文字列は  :1pt

・エクセル内の別シートへのハイパーリンクを切る
  検索文字列は  href="#.*?"
  置換文字列は入力せず。空白です
 正規表現にチェックを入れてください。

実行する条件にチェックを入れます

実行
実行ボタンを押せば完了です。そのままwebサーバーにアップしてしまいましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿