2013年8月14日水曜日

【3DプリンターCube】作成前にサポートの形状を確認する方法

FDMの3Dプリンターはサポートとうまく付き合っていかなければなりません。
サポート除去作業を延々とやっていると、果たして3Dプリンターって便利なのか?
と疑問さえわいてきます。


しかもサポートの形状はCube Softwareが自動的に作成してしまいます。
至れり尽くせりなんですが、たまにびっくりするようなサポート形状を作成してくることがあります。

どう考えても除去困難であったり、異常に材料を浪費してしまったり。。。
いったいどんなサポート形状になるんだろうと心配していると、ほかの事が手につきません。

そこで、Cube Softwareでcubeファイルを準備している段階でサポート形状を確認する方法を記事にします。

とても簡単です。

まず、通常の手順でビルドまで進めます。すると、指定したフォルダにcubeファイルが作成されます。

次に、右下にあるUnloadボタンを押して、STLモデルを画面上から消します。
そして、Importをクリックし、拡張子を.stlから.cubeへ変更します。


あとは 先ほど作成したcubeファイルを開くだけ。
このようにサポート材が紫色に表示されます。

stlファイルを開いているときと同じように、ズームやパンでモデルを確認することができます。

indexへ戻る




0 件のコメント:

コメントを投稿