2013年8月16日金曜日

【3DプリンターCube】新生児用はなくそ除去ツール【ハナクソフック】

一ヶ月まえに誕生したばかりの娘が鼻くそを詰まらせて苦しんでいた。

ネットに書かれている、綿棒による除去方法を試みましたが見えかけていた鼻くそが奥へ押し戻されてしまい。事態は悪化する一方。

私はうさぎの看板を掲げた某ベビー用品店へ直行しました。

そこで購入してきたのは「赤ちゃん用の鼻くそピンセット」です。
今自分が抱えている案件に対してドンピシャな商品名! そして、赤ちゃん用品のメジャーメーカーが作っている製品です。350円でした。

これで一安心。娘の鼻を詰まらせるクソたちを根こそぎ除去してやると意気込んで帰宅しました。


早速、鼻くそ取りを開始したところ ピンセットがデカすぎる!!!
出産は鼻の穴からスイカを出すような痛みだと聞きますが、どう考えてもこのピンセットは新生児の鼻よりも太いのです。
生誕一ヶ月の娘に生みの苦しみを経験させるわけにもいかず。。。

ポケモンの名前のような某メーカーのピンセットを派手にへし折ってゴミ箱に捨ててやりました。

怒りが収まりわれに返ると、
私の寝室にはものづくりに革命を起こしつつある家庭用3Dプリンターが鎮座していることを思い出しました。

構想10分 CAD設計作業 10分 3Dプリンタ造形時間3分

 手仕上げ10分



革命的な新生児用ハナクソ除去ツールが完成しました。通称ハナクソフック

赤ちゃんの鼻くそ取り用品というとても狭い業界ですが、この瞬間たしかに自分は東証一部上場企業の上を行っていると実感し、感動の涙を禁じえませんでした。

このツールのすごいところを説明します。
わたくしはハナクソほじくり歴26年になります。最近では会社でもどうどうとハナクソをほじくっていますが、おかげでハナクソの物理的性質は熟知しております。
ハナクソというのは一部を引っ掛けることで芋ずる式に出てくるのが常であります。
わたしの場合でいうと大体鼻の上側壁面を爪で捜査し、引っかかりがある場合そこを基点にして引き出す力を加えることで指の届かないハナクソ本体まで引っ張り出すことができます。
新生児でもハナクソの特性は似通っています。
この除去ツールはハナクソのどこか一部を確実に引っ掛けるということを可能にする先端形状となっています。



下の画像はハナクソフックと市販の赤ちゃんピンセットを比較しています。
一目瞭然ですね、白いほうのピンセットは新生児の鼻の穴には入りません。



STLファイルを置いておきます。3Dプリンターと新生児を持っている人は使ってください。
ただし、自己責任でお願いします。このツールを使用して赤ちゃんに怪我をさせても知りません。
http://www.knowhave.com/jsc3d/stl/hanakusotool.stl

こちらはブラウザビューワー(IEは見れません)
http://www.knowhave.com/jsc3d/stlviewer.html?src=stl/hanakusotool.stl


indexへ戻る






0 件のコメント:

コメントを投稿