2013年8月12日月曜日

【3DプリンターCube】内部構造の設定【Hollow Strong Solidの違い】

3Dプリンター Cubeは製作するモデルの内部構造の密度を3種類の中から設定することができます。

Print ModeでHollow/Strong/Solidの中から選びます。



実際にそれぞれのPrint Modeで作成したモデルは下の画像のとおりです。

Solidといえども完全に中実ではないわけですね。
見た目ですぐにわかるのが、内部のリブ間隔が違うということです。
また、よく観察するとリブの厚みも違うことがわかります。ただしどのリブも一回の捜査で成形されているようで、おそらくノズルの移動スピードをそれぞれのモードで変化させて厚みを調整しています。
また表面を形成している壁の厚さにも違いがあります。

これらの違いをまとめます。

モードリブ厚リブピッチ壁面厚さ
Solid2mm3層
Strong4mm2層
Hollow8mm2層

用途や形状によってうまく使い分けてください。





このような使い方の場合、強度は必要ないのでHollowで十分です。







0 件のコメント:

コメントを投稿