2013年9月17日火曜日

【3DプリンターCube】プレートの調節【水平をだす!】

3DプリンターCubeをヤマダ電機での発売初日に購入しまして、かれこれ1ヶ月半つかっています。
プレートが傾いてきました。

プレートを水平に調節する方法が説明書に書いてあるのですが、間違って書かれていて使い物になりません。写真も別のバージョンのCubeのようで目の前にある実物と若干違います。

なんとか水平を出すことが出来ましたので、その方法を記事にします。

【用意する物】
二面幅7のレンチ

これがないと何も出来ません。

【プレートを調節する方法】
まずはどの方向にどれぐらい傾いているのかを調べます。
LEVEL PRINTPADをタッチします。
ノズルをグルグル回しながら、プレートがどちらに傾いているのかを頭に入れてください。


Cube ver2の調節ネジはこうなっています。
写真の左方向がプリンターの正面です。プレート台座を支えているネジは三つあります。
そのうち基準ネジはカラーが挿入してあり、高さの調節はできません。このネジが基準となります。

調節ネジ1は基準ネジに対して前方にあり、調節ネジ2は基準ネジに対して右方向にあります。

【調節の方針】
3Dプリンター正面から見て、
プレートの前端を持ち上げたいときは基準ネジ1を上げる。
プレートの後端を持ち上げたいときは基準ネジ1を下げる。

プレートの右端を持ち上げたいときは基準ネジ2を上げる。
プレートの左端を持ち上げたいときは基準ネジ2を下げる。

【注意点】
プリントパッドの調節作業をするとき、LEVEL PRINTPADモードにしておくとやりやすいです。
調節してすぐに、水平が出たかどうかをチェックすることができます。
ただ、このとき気をつけなければいけないのはLEVEL PRINTPADモードが一定時間で突然終了するということです。急にノズルとプレートが定位置に戻りますので瞬時に察知して手とスパナを引っ込めないといけません。








0 件のコメント:

コメントを投稿